報告書を提出するまで浮気調査の結果は言わない探偵に注意しよう

浮気調査の料金体系に関わらず、一切途中報告をしない探偵事務所と言うのがあるようです。

元探偵の雨宮からすればあり得ない話なのですが、もっともらしく途中経過を報告しない理由を語る探偵があるようなので注意して欲しいと思います。

この前ある探偵を雇った人から相談があったのですが、浮気調査の途中に今どのような現状になっているか全く探偵から連絡がなかったので、気になって連絡してみたとの事。

すると・・・

「当社は報告書が完成してからきちんとした形でご説明するようにしていますのでご安心ください。」

と言われたそうです。

最もらしい回答に見える方もいらっしゃるかもしれませんが、探偵視点から見ると単純に途中経過は言わないって事ですね。

これについて雨宮が察する事を書いてみようと思います。

時間制の浮気調査はリアルタイムで途中経過を伝えるのが当たり前


元探偵の雨宮からすると、時間制の浮気調査で途中経過を言わないなんてあり得ないと思います。

普通はリアルタイムで途中経過を伝えるのが当たり前です。

では、どうしてあり得ないか雨宮の考えを記載します。

売り上げ重視の探偵事務所は途中経過を報告したくない


時間制の場合は調査時間によって料金が変動する訳です。

ですので、調査途中の現状でこのまま続行して良いか?終了するか?の判断をしなければいけません。

例えば、今夜浮気相手に会うと思っていたのに、調査をしているとその予定は全く無さそうな事がわかる場合があります。

どう考えてもこれ以降浮気相手に会う可能性はほぼ無いと現場の探偵が考えている訳です。

その場合、依頼者に連絡して現在状況の探偵の考えをお伝えし、料金が勿体ないので本日はこれで中止にした方が良いのでは?と伝える訳です。

それでも依頼者さんの考えで帰宅するまで念の為続行してくれとの指示であればもちろん続行しますが、探偵の考えを聞いた依頼者さんも浮気相手に会う可能性はないと判断すれば解除する訳です。

これ、すごく当たり前のことなんですが、これをしない探偵があるようなのです。

この報告をせずに単純に帰宅するまで調査をすれば、時間制料金の場合は探偵が儲かるだけ依頼者は損をします。

依頼者の事を考えて調査をするのではなく、売り上げを考えて調査をする探偵事務所は当然途中経過を言いたくないんでしょうね。

失敗する可能性が高い探偵事務所は途中経過を報告したくない


調査が成功しようが失敗しようが思う結果が出ないだろうが、事実を伝えるのが探偵です。

事実を伝える必要があるので、依頼者に残念な結果をお伝えしたくないので必死に調査をする訳です。

しかし、失敗しても事実を捻じ曲げて失敗ではない事にする探偵事務所もあるんです。

単純に見失ったと言う場合、通常は依頼者に連絡して謝罪し、これにて本日の調査を解除する訳なのですが、謝罪しない探偵事務所もある訳です。

事実をありのままに途中経過を報告していれば、依頼者さんはこれ以上今日は調査はしなくて済みますし、この探偵事務所をこのまま使用するかを検討できることになります。

途中経過を報告しなければ、探偵事務所は失敗したことを言わなくてもいいわけですので、今日は大して何もなかった事にしてそのまま依頼者から料金を請求する訳です。

もうこんなの探偵依然の問題ですね。

浮気したのにしてない事にする探偵事務所は途中経過を報告しない


えっ?浮気したのにしてない事にするなんてあり得るの???

と思うかもしれません。

しかし、そういう探偵事務所があるようなのです。

どういう原理かと言うと、いきなり1回目で調査結果が出てしまうと1回分の料金しか稼げない。

1回目に結果が出たけど浮気していない事にして、なるべく2回、3回と何度も調査をしてもらって、もうお金を出さなそうだと思ったら最後に証拠が撮れたと言う段取りです。

もう最低ですよね・・・

そういう探偵事務所は途中経過を報告したくない方向にある訳です。

成功報酬制の場合も途中経過を報告するのが具体的な点は伝えないのが当たり前


時間制料金に関わらず、成功報酬制でも途中経過を報告するのが至極当たり前です。

違う点は、リアルタイムで伝えるのではなく、後日に連絡及び具体的な内容は最後に連絡する点です。

成功報酬はリアルタイム報告は基本的にしない


状況にもよりますが、成功報酬の場合は基本的にリアルタイムで報告しません。

その理由を簡単に1例挙げてみます。

例えば、ホテルへ行った事を依頼者さんに伝えるとします。

すると、後程ホテルへ行った本人が自宅に帰宅する訳です。

ホテルを利用したのに涼しい顔して帰宅し、何もなかったかのように帰ってくる訳です。

当然依頼者さんは怒りや悲しみの感情の中、妻・夫と対面する訳です。

そうすると、必ず依頼者さんは普通を装えません。

絶対にいつもと同じ顔で接することはできません。
本人は何かしら違和感を覚えるでしょう。

成功報酬と言っても調査はホテルを撮影したら終わりとは限りません。
後日まだ所在を出したり、まだもう少し二人の関係を調査しなければいけない事も多々ある訳です。

それなのに万が一ケンカでもしようものなら・・・ましてやホテルへ行った事を知っていると悟られてしまったら・・・

ケンカして我慢できずに言っちゃう依頼者さんも多々います。

そうなると今後の調査ができなくなる可能性もある訳ですし、調査ができたとしても本人らが警戒してしまっては探偵は非常にやりにくくなってしまいます。

そんなリスクがある為に成功報酬の場合はリアルタイム報告はしない訳です。

時間制料金の場合も同様な事が言えますが、時間制の場合は料金が絡んでくるのでリアルタイム報告をする必要がある訳です。

そして、成功報酬の場合はリアルタイム報告は避けて、翌日などに状況を連絡するような形にする訳です。

成功報酬だからと言って報告書を渡すまで途中経過を報告しないなんて事はありません。

元探偵の雨宮の場合は進展状況を頻繁に連絡していました。

それが当たり前なんですね。

しっかり調査をしている事も把握してもらいたいので、ちゃんと調査をしている探偵事務所は依頼者に把握してもらおうと連絡したくなるものなんです。

それをしないと言うのは、ホントにちゃんと調査してるの?って気になりますよ。

成功報酬の場合は具体的な証拠のみ報告書で伝える


成功報酬の場合も同様に途中経過は報告するのが当たり前だと言う事がご理解いただけたと思います。

しかし、具体的な

  • 浮気相手の氏名

  • 浮気相手の住所

  • 浮気相手の勤務先

  • 浮気相手の家族構成

  • 利用したホテル


など、具体的な名称や場所などは最終的に報告書にてお伝えする形になります。

成功報酬制ですので、この証拠となる根幹の部分の名称や住所などを途中でお伝えし、万が一料金をお支払いして頂けなかったら大変ですからね。

これは探偵事務所とすれば最後に代金と交換してお伝えする事になります。
これが成功報酬ですね。

ただ、これまでも述べたように成功報酬でもだいたいの場所や名称などは途中経過でお伝えして進展状況がわかるようにするのが当たり前です。

依頼者の事を考える探偵事務所は途中経過を報告したくなり、売り上げ重視の探偵事務所は途中経過を報告したくない


これまで途中経過を報告するのが当たり前であると言ってきました。

そのポイントとして、依頼者の事を考えている探偵事務所は、調査をしっかりやっている事を依頼者さんにわかってもらいたくなるので途中経過を報告したくなります。

逆に売り上げ重視の探偵事務所はなるべく途中経過を報告しないようにしようとします。

ですので、調査前にどのような報告の仕方をしてくれるかに注意して確認してみましょう。

「当社は報告書が完成してからきちんとした形でご説明するようにしていますのでご安心ください。」

なんていう探偵事務所は、元探偵として控えておいた方が良いのではないかと察します。

良い探偵事務所を見つける事が出来る事を祈っています。


にほんブログ村 恋愛ブログ 浮気・不倫相談へ
関連記事
スポンサーサイト

管理者にだけ表示を許可する
最新記事

プロフィール

元探偵雨宮

Author:元探偵雨宮
元探偵の雨宮です。

大阪在住ですが、全国うろうろしております。

そろそろ浮気調査ですか?はそろそろ探偵事務所に依頼しようかと考えている人の為になりそうなことをブログで語って見ます。

好き勝手思うまま書きますのでお役に立ちますかどうか・・・

  • 雨宮's精神論

  • 精神論ってホント重要だと思うんですよ。

  • 大阪の探偵雨宮

  • 元探偵雨宮の依頼者の為に書いたブログです。

  • ツイッター

  • 元探偵雨宮のツイッターです。
    良かったらフォローしてね。

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード

    QR

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。